大人の発達障害及びADHD

大人の発達障害及びADHD

1物事を行うにあたって難関は乗り越えたが最後の詳細をまとめるのが困難であった。
2計画性を要する仕事を行う際に作業を順序立てるのが困難であった。
3約束事やなすべき用事がけっこう忘れる。
4長時間坐っていることが苦手でもじもじしてしまう。
5異常に行動的で突き動かされていることがある。

対応

ADHDの診断がされれば60〜70%効果のある薬がございます。
また認知的接近、心理療法も必要と思われます。
当院では大人のADHDのスクリーニングにはCAARS、ASRS-V1.1
などを用いてスクリーニングしております。