薬物療法

薬物療法

精神科薬物について

認知療法は

脳神経科学 精神薬理の進歩は早いですがブレークスルーする薬物はそうは簡単にはでてきません。 うつ病から双極性障害への診断のシフトとともに 一番推奨される薬物が何十年も前に発見され躁病に使用されてきた リーマスであると言うことがその一端を示していますし。 うつ病に対し速やかに極量まで抗うつ薬を増量すると行ったことも 現在では危険なことのほうが多いと認識されているようにおもわれます。 とはいえ少しずつ良いお薬がでてきていることも事実です。 ただ難点は値段の高さにあります。開発費や開発時間が膨大であり 何年かで後発品がでてきて陳腐化してしまうリスクを考えると 仕方がないことかもしれません。

向精神病薬

ジプレキサ セロクエル エビリファイ ルーラン  など一昔前とは違う名前が主流となっています。 副作用が少ないことにも特徴がありますが気分障害にも適応が広がっています。 うつ病にも適応される場合があります。 いろいろな病態が奥のところでは繋がっていたり 結果としてレセプター場面において障害が似たようなの働きをしていることが推測されます。

抗うつ薬

レメロン ジェイゾロフト ルボックス パキシル トレドミン  これも様変わりしてしまいましたが、昔の薬のほうが効果がある場合もあります。 セロトニン仮説から出てきている物が多いですが、ノルアドレナリンやドーパミンを組み合わせて 効果を重層的にして出す工夫をしている物もあります

精神安定薬

日本人にはおなじみの薬です。 世界中で飲まれていますし副作用もほとんどありません。 不眠症にも使えますし、今までの睡眠薬のほとんどはこのベンゾ系からつくられています。 心身症などにも使えますし、軽い抗うつ作用もあります。 他の科でもけっこう使われているでしょう。